空き家・空地を定期的に訪問、不動産を劣化や不審者から守り、資産価値を維持するための管理代行会社です。(対応地:福岡市・糟屋郡古賀市福津市糸島市、他)

〒813-0044 福岡市東区千早5-4-3-808

FAX:092-683-4039
携帯:090-3600-0336
E-mail:anka2103@f-akiya-akiti.jp
※メールによるお問合せは24時間対応

お気軽にお問合せください

092-683-4039

電話によるお問合せ:原則 9:00〜19:00

空き家管理以外のお手伝いもお気軽にご相談ください。
トップページ

資産価値を落とさずに貴方のおうちを守る

福岡 空き家・空地管理代行へようこそ

新着情報

■H29年4月20日「福岡市空家等の適切な管理に関する条例」

■H29年4月3日ブログ「なんでんかんでん」更新しました

■H29年4月1日「お問い合わせ」メール常時受け付け中です

 

平成29年4月
「福岡市空家等の適切な管理に関する条例」が改正・施行

元々福岡市においては、平成27年5月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下、「特別措置法」)が施行される前に平成26年4月1日から上記「福岡市空家等の適切な管理に関する条例」が「条例施行規則」とともに施行されていました。そして、今回その「特別措置法」のガイドラインに基づいて福岡市として求める「適正な管理」を今まで以上に強く求めるために改正・施行されました。そして、今回その「空家等対策特別措置法」のガイドラインに基づいて福岡市として求める「適正な管理」を、今まで以上に強く求めるために改正・施行されました。 当然ですが、この法律や条例の対象となる「空家等」とは、適切に管理しないで(管理不全空き家・特定空家等)、近隣の方々等に危害や被害を与えると損害賠償を求められる可能性は否定できません。従って、その所有者及び管理者(相続人等)、さらには土地の工作物等の占有者等にも責任が及ぶことにもなります。
法律や条例は既に悪影響を及ぼしているか、及ぼす可能性があるものを未然に予防するために作られ、施行されていくのが常です。毎年、加速度がついて増えていくこの空家等。しかも年々危険性を増し、近所迷惑となり被害が増えてきています。
私が、この空き家・空地管理代行を始めた当初は管理の委託者も少なく、また現在のようにここまで規制のための法律や条例が厳しくなるとは思いもしませんでした。
この空き家管理のホームページを観ていただいているあなたは多分、若かりし頃進学や就職のためにこの福岡を出て、そのまま現地で家庭を持ち生活基盤を築かれておられる方ばかりでしょう。お父さんやお母さんが一生懸命守ってこられた、小さい頃あなた方も一緒に過ごした家、今どうなっているか気になりませんか?

 

 

 

詳しくはこちらをクリック

今、なぜ空き家管理をしなければならないのか

  1. 防災上の問題
    (建物や敷地の老朽化が壁や屋根の倒壊落下につながる原因にもなる)
  2. 防犯上の問題
    (不審者の侵入,不法滞在、放火等の原因になるという住民の不安感)
  3. 環境衛生上の問題
    (ゴミの放置、不法投棄、樹木の繁茂等による越境、害虫、異臭の発生)
  4. 風景・景観上の問題
    (特に住宅街における周辺環境の破壊)
  5. 地域活性化の問題
    (使われず、放置されていることで地域の活性化に大きな支障を与える)

 

平成27年5月26日施行の「空き家等対策の推進に関する特別措置」の中に「空き家の有効活用」についての促進が謳われています。不動産はその特性を生かしてこそその存在価値が認められます。大事な資産を何もせず、そのままにしておくだけでは地域社会の不安にもつながります。きちんと管理をしながら、何か有効な活用策をご一緒に考えてみませんか?

                                公認不動産コンサルティングマスター 大橋秀克

 

当社の基本的な考え方

年々変化し複雑化する建物や土地の取り扱い方

日本の家屋は、欧米諸国の家屋と比べると寿命 (耐用年数) が、きわめて短いそうです。もともと法定
耐用年数が25年から30年くらいに設定されており、いわゆる建物としての価値はこの時点で”ゼロ”
となるそうです。でも、もったいないですね"(-""-)"
確かに欧米諸国とは違い、自然災害も多いし、資材も違う、不動産に対しての思い入れも違うでしょうし、、、、、。

でもちょっとした、工夫や気づきでマメに手入れして大きな問題に発展する前に手を加えていきましょうよ。今は空き家になっていても、必ず必要になってきますよ。お庭の樹木や雑草も同じです。私どもは資産価値を落とさないで貴方のおうちを守ります。

納得いただけるサービス

"福岡 空き家・空地管理代行の管理作業”は一貫してお客様目線でさせていただいております。お客様が一番関心を持たれるのはその委託される作業の費用対効果だと思います。当社では空き家管理に必要な作業は全てセットで価格に反映させております。

最近では、表面上安く価格を訴え、あとからオプションとして加算する同業者が増えてきました。単に報告するだけで目先の作業を先延ばしするというような仕事はお客様にとても失礼ではないかと思います。

時間をかけて、ていねいにご説明します

お客さまのご要望・ご依頼は百人百様。ましてや不動産という高額な財産のお取り扱いです。

お客さまの財産やお客さまの顔の確認もせずに、メールや電話だけで受託できません。ひとりひとりのお客さまときちんと対面させていただいて、ていねいにわかりやすくご説明させていただきます。お客さまが納得できないまま、お話を進めることはありませんのでご安心ください。

ブログの目次

 

台湾からのお客様

スレンダー美人はお好きでしょ?

 

怖いカビのお話

空き家等特別措置法の影響、こんなところまで町おこし 福津市の場合
迷惑!危険!巨大空き家(特定空家等)法的理解サンプルコンパクトシティ福岡最近のお問い合わせPart
最近のお問い合わせ松の初剪定篠栗南蔵
危機一髪!!新聞社の取材
 

空き家問題、、、共通点

 

空き家・空地管理、、、

最近思うこと

春です、春です!

ケムシトリーです

越境 別現場、、、、その1
隣宅への越境、、、、その2

空き家管理代行

越境問題に取り組む

空き家管理代行、

新規にマンションが追加

完成!!

アイランドシティ・あいたか橋

仕事の幅 広がっています福岡 博多 夜の散歩道

 

空き家管理代行の仕事、

取材を受けました

空き家管理代行の本格化
空き家・管理代行の始まり空き家・空き地管理代行の準備空き家・空地管理代行の原点

シェアハウス香椎の
住民ピエールの場合2

シェアハウス香椎の

住民ピエールの場合

シェアハウス香椎の実験2
シェアハウス香椎の実験福岡市へ行こう 続編福岡市へ行こう 福岡市で遊ぼう
福岡 博多の町に”山”ができたもひとつ 博多山笠うんちく商業地盤の地殻変動が始まった

実家が空き家に。

手放す気になれず、、、

これからの福岡、ヨカバイ、

きんしゃれんね!!

アイランドシティ光景PART3
アイランドシティ光景PART2

逢いたかった 逢いたかった

あいたか橋

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

092-683-4039

携帯:090-3600-0336
電話によるお問合せ:原則 9:00〜19:00

電話によるご連絡は基本、090-3600-0336の携帯へ転送されますので遅い時間帯にも対応させていただきます。但し、23時から05時までは睡眠中のためご連絡はご遠慮くださいませ。(^^)

詳しくはこちらをクリック